宇野耳鼻咽喉科医院

宇野耳鼻科|医療法人社団昭浩会|JR総武線新小岩駅北口より徒歩3分

ご案内

診療について

スタッフ

お役立ち

医院紹介

医院紹介

 

医療法人社団 昭 浩 会
宇野耳鼻咽喉科医院
〒124-0023
東京都葛飾区
東新小岩5-1-5
TEL:03-3697-5227
FAX:03-3697-6300

 

症状・症例

症状・症例

 

どのような症状の時に受診したらいいのでしょうか?
こんな症例の方は、ご相談ください。
≫詳しくはこちら

 

HOME»  めまい

めまい

めまいとは

めまいの訴えはさまざまです。「目の前がぐるぐるまわる、目がぼやける、くらくらする、頭がボーッとする、ふわふわ又はゆらゆらする、寝ているとき頭を動かす又は起き上がったときに目がまわる、立ち上がったときぐらっとする。」など人それぞれです。自分自身か又は周囲が動いていないのに動いているという違和感や不快感のあるあやまった運動感覚を感じているときに、『めまい』と訴えることが多いのです。 めまいは疾患によって多少の差はありますが、一般的に40~60歳に多く、季節的には春先や秋口などの季節の変わり目に多く起こります。

 

めまいの原因とは

めまいは内耳の前庭や三半規管という姿勢を調節する部分の病気が原因で起こることが多いです。
しかし、時にはこのほかに脳の病気や、少数ですが視覚、首、腰の異常で起こることもあります。
そのため、病気が内耳にあるのか、脳やそのほかの部分にあるのかなど広い範囲の異常を総合的に調べる必要があります。
 〇内耳の検査…眼振(瞳が異常な動きをする)検査、起立、歩行などの異常を調べる検査、聴力検査などがその代表的なものです。
 ○脳の検査……主としてCT、MRIなどで脳内に異常があるかどうかを調べます。

 

めまいを起こす病気について

1.耳(内耳)に原因があるめまい
・メニエール病
(内耳を満たす内リンパが過剰になると、内耳の働きが異常となりめまいが生じ、耳鳴や難聴、吐き気、嘔吐などを伴うことが多く、周期的に発作を繰り返す。)

・前庭神経炎
(前庭神経の炎症によって激しいめまいが起こり、その後もふらつきが続く。聴力は正常でめまいを繰り返すことはない。)

・良性発作性頭位めまい症
(前庭にある耳石のかけらがはがれ、三半規管内に入るとめまいが生じ、ある特定の頭の位置をとったときにめまいを繰り返す。)

・外リンパ瘻
(内耳と中耳を隔てる幕が破裂して、内耳を満たす外リンパが中耳に漏れ出し、めまいが生じる。)

2.脳に原因があるめまい
<小脳や脳幹は体の平衡を保つ働きをします。>

・脳出血、脳梗塞
(脳血管に出血や梗塞が起こると小脳や脳幹に送られる血液の量が不足し、めまいが生じる。)

・脳に関する腫瘍
(脳や脳周辺に発生した腫瘍が大きくなると、小脳や脳幹が圧迫され、めまいが生じる。また聴神経腫瘍は腫瘍そのものがめまいを起こす原因となる。)

・脳の底にある動脈の循環障害
(貧血によるふらつき。)

 

めまいにも予防が大切です

・規則正しい食事をする。
・飲酒を控える。
・十分に睡眠をとる。
・タバコの本数を減らすか禁煙をする。
・ストレスをためないようにする。
・適度な運動をして健康な体を保つ。
・飛行機に乗る場合は主治医に相談をする。

 

※めまいにもさまざまな種類や原因があります。悪性の病気が隠れていることもあるので、症状があるときは専門医の診察を受けましょう!!