宇野耳鼻咽喉科医院

宇野耳鼻科|医療法人社団昭浩会|JR総武線新小岩駅北口より徒歩3分

ご案内

診療について

スタッフ

お役立ち

医院紹介

医院紹介

 

医療法人社団 昭 浩 会
宇野耳鼻咽喉科医院
〒124-0023
東京都葛飾区
東新小岩5-1-5
TEL:03-3697-5227
FAX:03-3697-6300

 

症状・症例

症状・症例

 

どのような症状の時に受診したらいいのでしょうか?
こんな症例の方は、ご相談ください。
≫詳しくはこちら

 

HOME»  副鼻腔炎

副鼻腔炎

副鼻腔炎とは

鼻の周囲にある骨で囲まれた空洞のことを副鼻腔と称し、ここに炎症が起こって鼻汁がたまり、白い粘液性のネバッコイ鼻汁や、時にうみのような濃い鼻汁が出てくる病気です。

 

副鼻腔炎の種類

種類・・・急性と慢性のものと2種類あります。

・急性副鼻腔炎
風邪などの鼻炎のあとに起きやすく、頬の腫れ、顔の痛み、発熱を伴うこともあります。
水っぽい鼻汁から黄色味がかった鼻汁になり止りにくくなり、鼻づまりがおこります。臭いを感じなくなったり、炎症部位によって歯・目の奥の方、目と目の間の痛み、前頭部や側頭部の痛みなども起こりますが、風邪がおさまればある程度まではよくなります。

・慢性副鼻腔炎
蓄膿症と呼ばれる病気で、治りにくく治療が長期化することもあります。アデノイド肥大・アレルギー性鼻炎などの慢性的な炎症、風邪にかかりやすかったり、急性副鼻腔炎を繰り返したり、急性副鼻腔炎を完治させなかったことから慢性化する傾向があります。

・主な症状
・鼻汁(粘性・膿せい) ・鼻づまり  ・嗅覚障害  ・後鼻漏(鼻汁がのどに流れる)   ・頭痛、頭重  ・鼻茸の発生 などがあります。

 

副鼻腔炎の検査

基本的な検査
・鼻汁の状態や粘膜の腫れがないか鼻内部の視診
・レントゲン撮影(CT,MRIを含む)
   *副鼻腔内の状態を確認する。
   *病変の位置や範囲、程度を診断する事ができます。

 

副鼻腔炎の治療

主に薬物療法(内服)と局所療法(治療)になります。

・薬物療法
a.マクロライド系抗生物質の服用(少量長期間、3ヶ月を1単位とする)鼻腔内の炎症の原因となる細菌の死滅、鼻汁の分泌を抑制する等の作用。
b.去たん剤、消炎鎮痛剤の服用 鼻汁の粘りを抑え、鼻腔外への排出を促す。炎症・痛みを抑える。
*症状が改善するために長期間服用しなければならない場合もあります。
 必ず、医師の指示に従って服用して下さい。

・局所療法
a.鼻腔内清掃、薬液の吸入
鼻腔内の鼻汁や膿を吸引し、抗生物質やステロイド剤をネブライザーを使って噴霧します。
b.副鼻腔洗浄
鼻腔内の粘膜に麻酔を軽くかけ、抗生物質を混ぜた生理食塩水を使って洗浄します。

症状により、週1~3回程度治療を行いますが、重度の副鼻腔炎の場合、手術を行うこともあります。その際、手術後は薬物療法・局所療法ともに継続して行い、再発を予防します。

 

日常生活では、風邪の予防・過労・ストレスなどに留意し、異常を感じた時には、早めに受診して下さい。